2016年12月29日

2016年作品鑑賞まとめ 漫画・映像作品編

2016年も暮れですね。年をとると時間が経つのがあっという間ですね。
こんにちは、外都ユウマです。すっかり年末恒例となりました「作品鑑賞まとめ」、今年も「漫画・映像作品編」と「文芸作品編」の二部構成でお送りします。

こちらは「漫画・映像作品編」ですが、昨年までとは少々趣向を変えます。今年は何せ、映画やドラマやアニメに強い衝撃を受けた年でした。
今年公開された映画でまだ見ていないもの(田舎なもので……)もたくさんあるので、それは来年のお楽しみにしておきます。ひとまずは今年のお楽しみを。
「私が今年楽しんだもの」ということで、とっくに有名な作品ばかりです。作者敬称略お許しください。


*漫画編*
今年は漫画から。噛めば噛むほど美味しい四作品。

『ゴールデンカムイ』(野田サトル)
言わずもがなですね。サバイバルとかグルメとかアイヌ文化とか、注目度が高い作品だとは知っていましたが。
まさか私好みの変態がこんなにいるなんて最高ですね。さっそくすみません、遠巻きに見て面白い分にはある種の変態はとても好きです。そもそも友人から作品を薦められたときに「殺人鬼がいっぱい出る」ということで、面白そうだとは思っていたのです。
先に挙げた人気のポイントももちろんですが、私はとにかく多種多様な変態が見られるところが好きですね。あとアシリパちゃんかわいい。変顔含めてかわいい。かっこいいおっさんたちも良いです。

『蟹に誘われて』(panpanya)
今年出た新刊『動物たち』と以前に読んでいる『枕魚』が面白かったので、既刊ですが入手できていなかった本作にもやっと手を付けました。
描かれる街並みのリアルさと、不思議な造形の動物たちや人物(?)がシュールで、眺めているだけでも気持ち良くなります。この発想はどこから、そしてどこへ向かうのか……と息を呑み舌を巻きどうやって呼吸していたのか忘れます。
あまりぎゅうぎゅうに建物が詰まった場所を歩く機会はなかったはずなのに(せいぜいが学生の住むアパート街でしょうか)なんだか懐かしくなるのです。

『とつくにの少女』(ながべ)
少女シーヴァとせんせの暮らしと、分かたれた世界の謎が絵本のように描かれている、とても美しい作品です。せんせの造形がとても好き。シーヴァをせんせがとても大切に思っていることが切なくてさらに好き。
絵のタッチから物語、大人と子供の関係までも、丸ごとストライクでした。
このまま動き出しそうですよね。きれいな音楽か草木や風の音をつけて、アニメにしながら読んでいました。どんな展開でもただ静かに見守っていたい。
シーヴァはもちろんのこと、せんせをはじめとする人外のかたちをした者たちもかわいい。

『雨水リンダ』(HERO)
手芸部が作りだした「人形」は、心を持っていた。HEROさんの描く甘酸っぱさと苦みのある青春が好きで、特に本作は怪奇の要素が加わっているとても好きなお話。手元にあるとついつい読み始めます。読んだ瞬間「今年のまとめで書こう」と即決めました。
いつか壊す人形だけど、心があって、部員たちと仲良くなって。部員たちの抱えているものも少しずつ明らかになって。雨子を囲むもだもだ青春にときめきます。
「上手に言葉にできない」と言う三上に一番共感しているかもしれない。誰かしらに「ああ、そんなこともあったなあ」と思えるキャラクターが魅力です。

人外祭りですかね。ここまでバケモノじみた人とか人じゃないものとかばっかりでしたがそういうこともありますよね。


*映像編*
趣向を変えたのはここからさらに暴走するからです。とにかく熱い一年、そして怒涛の秋アニメでした。

『舟を編む』
三浦しをんさん原作の小説が、秋クールのアニメとして放送。原作、実写映画、アニメと全て観ました。ご存知、辞書をつくる物語です。
原作は章ごとに視点を変えながら展開されていて、辞書作りにかける各々の情熱が、しかし押しつけがましくなく描かれています。笑えるところもあって、読みやすく沁みやすい。
映画は観たのが随分前なのですが(原作は今年やっと読んだところ、映画はDVDになってすぐの頃に観てました)しっとりした恋愛と時の流れが丁寧に表現されていて、ああ好きだな、と思った記憶が。
そしてアニメ。西岡さん大活躍のアニメ。原作との違いは西岡さんの活躍が多いところかな……他にもいろいろありますが、アニメとしての演出はとても良かったと思います。じしょたんず可愛い。
それぞれの表現の仕方が楽しめる作品であり、映画とアニメは原作の言葉を掴んで解釈したものですから違った味わいがあって、私はどれも好きです。いずれもキャラクターが立っていますし。

『ユーリ!!!onICE』
ここ何年かフィギュアスケートは、とくにグランプリシリーズは観るようにしてます。緊張感のある試合から選手同士仲が良いオフショットまで、チェックできるだけしていたのですが。
それが今年は二重にあったような気がします。リアルと変わらないほど熱いアニメでした。
最初の印象は「尻を出し惜しみしないアニメ」だったんですが、氷上でのシーンが増えるにつれてわくわくしました。見てるとキャラクターも魅力的なんだよなあ。タイのSNS狂王子様が特に好きです。
そしてストレートに描かれる愛。見ていて「腐向け」だとかそういう印象は持たなくなりました。表現過剰だとしても、これはアリだよねと。別に愛が男女間でしか存在しないものでもなし。
演技シーンのアニメーションには引き込まれました。本物の試合見てるときと同じテンションで喜んだり落ち込んだりしましたからね。転倒があればハッとするし、素晴らしい演技には拍手を送る。そういう観方ができて楽しかったです。

『地味にスゴイ! 校閲ガール河野悦子』
秋は連ドラもすごかった! こちらも原作と合わせて楽しみました。えっちゃん見ると次の日元気に仕事できるんですよ。感化されやすいので。忙しい時期だったのもあって、毎週えっちゃんに会うのが楽しみでした。
原作も読んでいて気持ちいいです。ズバッとはっきりものを言うえっちゃんは見ていて爽快。ドラマはもっとたくさんの人を巻き込んで、普通ではどう考えてもありえないことでも「えっちゃんなら」で頷けてしまう。恋愛パートもときめきました。その上で夢に向かう、仕事に向かうという結論、良かったなあ。
周りの人たちの描き方もとても好感が持てて、今期の特徴なのかしら、悪役ってほぼいないんですよね。それが「見ていて元気になれる」秘訣なのかも。
原作えっちゃんは仕事のできる女としてかっこよく、ドラマえっちゃんは新人として一生懸命で可愛く(でもやっぱり能力は高い)どちらも私は好きです。頑張って仕事しよう。

『シン・ゴジラ』
映画、二日連続で同じものを二回見たの初めてです。そして事前のある程度のネタバレがなきゃ、たぶん中身を理解するのは難しかった。怪獣映画としての迫力はもちろん、仕事を頑張って確実なものにしていく人々の物語でもあるので、好きな部分はえっちゃんと似てるかもしれません。どっちも石原さとみちゃんだし。
前情報を仕入れていってもいい意味で裏切られる。ひたすら続く会議には思わず笑ってしまいましたが、あれが現実に近いのかしら。
未確認巨大生物第二形態は可愛いという噂を聞いて期待していましたが、期待以上の可愛さでした。ぶるんぶるんするエラとまんまるで大きな目、未分化の手部分。ドツボってああいうのを言うんですね。あと第四形態の顎が三方向にかぱっと割れるのもかなり好きです。レーザーもロマンを感じてしまう。燃え盛る炎の中のゴジラはぞくぞくしました。
対処のために多くの人が動く、きっと映っていないたくさんの人々が作戦のために働いたであろうことなど、想像すると胸が熱くなって泣きそうでした。日本人って「仕事」できるんだなあ。
現実と浪漫の両方を存分に楽しめた映画でした。大きなスクリーンで見られて良かった。


「漫画映像編」は以上です。私にしてはだいぶ興奮しすぎました。しかし今年は映画豊作でしたね。『君の名は。』も観ましたよ。ただ一回しか見てないのでちゃんと把握ができてないんです。
今年上映で観てないもの、来年上映予定のものを、次のまとめでお話できることを願って。漫画も今年は読んだわりにちゃんとまとめきれていないので、来年はどんどんいいものに出会っていきたいですね。
漫画の山が溢れるのが先かもしれませんが……。整理したら大きい棚埋まりましたよ……。
人外と頑張る人々が好きなのが滲み出ている今年のまとめ、その色を引きつつ文芸作品編に続きます。
posted by 外都ユウマ at 21:19| Comment(0) | 作品鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: