2020年04月25日

ももあげ

テレワーク期間につき引きこもっています。
平日の昼間は仕事をしているので、外に出るのは週に一度買い出しに行くくらい。
本屋さんにいけない辛さは、通販で買って届くのをじっくり待つことでごまかしています。急がないのでそのうちゆっくり来てください。

というわけでずっと自宅にいます。通勤のための時間がないので、朝に焦る必要はありません。
職場はずっとブラインドが閉まっていますが、自宅なら太陽光が浴びられます。
思っていたよりメリットが多い。もともと人に会うのはそんなに得意ではありませんし。
仕事の進捗も悪くない。ラジオとお茶と飴があれば仕事スイッチが入るようになりました。

本来は通勤に片道70分以上かかり、そのうち30分は徒歩です。なかなかいい運動になっていました。
しかし今はそれがない。外に出ない。デスクワークなのでほとんど動かない。あまり体にはよくないので、朝の体操を始めました。
いつも降車停留所に着くくらいの時間から、15〜20分程度。体力ないのでそんなにたくさんはやりません。
まずは腿上げをしんどく感じるまで。やりながら天気を確認したり、その日飲むお茶を考えたりします。
それから屈伸や前後屈、上体を回すなど適当に。時間をみながら疲れない程度に行います。
それから機械を立ち上げたりお湯を沸かしたりして、9時ぴったりに業務を開始できるように準備をします。
業務終了後は特に動かないので、本来の半分以下の運動量ですが、気休めにはなります。

それから起床時間を変えない。お弁当を作るために5時半に起きていたそのままにしています。
とはいえちょっとだらけてきていて、最近は1〜3分の寝坊が続いてしまっています。5分寝坊すると焦って普通の行動ができなくなるので、ちゃんと時間になったら起きたい。
お弁当の用意はいらないけれど2人分の昼食は必要です。1時間の昼休みは調理実食片付け午後のための支度で丁度終わります。
中休みは決められた時間に決められた分だけとって、あとは業務をきちんとこなす。
できるだけ生活を変えないように、かつこれからまた生活を作り直す準備をする。平日はそのことに気をつけています。

普段と違うことといえば、仕事中は同居人のぬいぐるみをひとつ貸してもらい、揉みながら過ごしています。気持ちいいし姿勢が楽。
あと朝の空いてる時間を読書に費やしています。通勤中に読んでると疲れて寝てしまうのですが、家にいるとそれがないのでよく読めます。
人に会うことの緊張感がないだけでかなり生きやすくなりますね。会わなくても着替えと簡単な化粧はしますけど。

あなたもどうぞ心身の調子にお気をつけてお過ごしください。
posted by 外都ユウマ at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

50万円欲しい

今年初めてのブログ更新、もう1クール終わるうえにこの直接的なタイトル。
だって欲しいんだもの、何のしがらみもない50万円。昨年からずっと言ってたりする。

世間が大変なことになっているけれど、私の収入は春から増えることになった。
法改正の関係で調整があります、と以前からお知らせがあって、その約束を果たしていただいたことになる。
地元で働いていた頃、ほんの4、5年前は手取りが5桁だったこともある。手元に来るお金が当時の倍なんて、本当にいいのかと思ってしまう。
いいんだよ。
今までちょっと安めに雇われてたんだなとか、地元との格差が大きすぎるなとか、少し思わないでもないけど。
いいんだよ。
だって収入は増えるんだもの。ありがたいよね。

先に5桁の倍って言ってるから、増えてもそんなに多くはならないのはわかるでしょ。
同居人に毎月定額の生活費入れてもらって、私の収入と足して、それで2人で暮らしてる。たまに2人で旅行したりするだけの短期の貯金をしつつ、長期的に見てこれだけキープしておけば何かあっても路頭に迷うことはないだろうというくらいの分はなんとかしている。
これまでなんとかなってきた。運も良かった。人にも恵まれていた。
住むところが違っていたら、満足な生活なんてできなかった。

それでも50万円は欲しい。月収が5桁から6桁になると幸せな気持ちになり、心に余裕ができるのだから、ぽんっと50万円貰えて自由に使えたならこの先しゃかりき働いて元気なおばちゃんになり社会に貢献しようという気だって起きるというもの。おそらくは。
疲れた世の中に必要なのはやっぱり融通の利く現金で、良識に基づいた自由な活動だ。
私はいつだって、たった50万しか欲しがっていない。

という話をするのは、昨年「時給50円上がらないかな」とずっと言ってたら上がったんで、しかも今回さらに上乗せしてもらったんで、また実現しないかなと思ったんである。
posted by 外都ユウマ at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

今年の記憶あれこれ

1年が終わるのだんだん早くなる。昭和生まれ平成育ち令和のおばちゃん、ゆまさんです。
今年は春頃から夏にかけて、ちょっとだけブログ書いてました。ひとりの時間があったので。
ひとりの休みが無くなってから、なんだか日々が忙しなくて。今年買った映像円盤は全く手をつけられなかった。
来年はもうちょっと余裕もった生活したいですね。

でも今年の抱負だった「行動範囲を広げる」は実現できたと思ってます。
東京一人旅、新しい劇場、行きたかった美術館、入ってみたかった喫茶店。地下鉄とバスを乗り継いで、ショッピングセンターのヒーローイベントやお茶屋さんの販売イベント、国民的アイドルのコンサートにも行った。
行動範囲の拡大は引き続き試みていきたいです。色んなところに行くのは楽しい。

願い事も叶ってますね。お芝居見に行くときにはいい席が取れてます。生活に関するささやかな望みも通りました。
心身の悩みも快復に向かっているし、新たに出てきた問題は解決方法分かってるのでこれから気をつければいい。
万事快調な1年だったのでは。

ところでちょいちょい触れてますが、アイドルのコンサートに行きました。ジャニーズアイドルのファンクラブにどういうわけか2つ入会、ファンとしてお行儀よく応援しています。
嵐さん、ファンクラブ入会した次の日に活動休止のお知らせあったけど。私はいつもタイミングが良くない。
でもほら、コンサート行けたから。盛り上がったから。
もうひとつは来年デビューするSnow Manさん。あまりに愛おしい。頑張れ努力の天才たち。
役者さんへの熱は今年も引き続き。だって来年3年目になるんですよルパパト。主に結木君とあさひくんを追いかけた1年でした。
特撮熱はまだまだ続きます。来年の新シリーズはメイン脚本が荒川さんなのが楽しみ。VS映画も荒川さんと香村さんだし。

暮れになってから編み物始めたりしましたね。仕事中に急に編みたくなって、材料揃えて今も編んでます。
読書はいつものペースで、年約70冊。今年もたくさんの面白い作品に出会えて幸せ。
書く方が全然できなかったのが残念。ここ2年ろくに書けてない。

来年はもっと心身に余裕を持った暮らしをしないと。秋以降の忙しさで胃がやられたり心臓に負担かかったりしてたので、とにかく休みたいです。
仕事じゃなくて家のことを。仕事の方が楽だもの。
来年はまた一人旅の計画があるので、それでちょっとなんとかしたい。
2020年もいい年にしたいですね。
posted by 外都ユウマ at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年作品鑑賞文

年に一度の作品鑑賞まとめ。今年は簡単にまとめてお送りします。


・女子的生活(坂木司)
昨年の冬にNHKで、志尊君が主演でドラマをやっていた作品。今年になってやっと読めました。
みきちゃんめちゃめちゃ可愛くてかっこいい。女子を心底楽しんで、闘いすらも笑って挑む。
後藤は原作の方がドラマよりちょっと頭いいのかな。あほのこだけど学習するし。青くさくて熱いキャラは好み。
文庫版の巻末には志尊君のインタビューが入っていて、これもとても面白かった。

・一膳めし屋丸久(中島久枝)
父から受け継いだ一膳飯屋を切り盛りする、おかみのお高さん。江戸時代としては結婚して大きくなった子供がいてもおかしくない年齢ではあるので、周囲から「一般的な女の幸せ」を押し付けられそうになったりもする。
でもお高さんは自分の仕事に誇りを持って、恋もして、迷いながらも自分の人生を生きている。今年のベストヒロインだと思ってる。

・きりこについて(西加奈子)
語りがとても好き。素敵な猫ラムセス二世と「ぶす」な女の子きりこの関係や、きりこや周囲の人たちが自分の意思を大切にすること、中身も外見も全てが込みで自分なんだということを軽妙に描いている。
猫たちの賢さ気高さも気持ち良くて、読んでて元気が出た作品。

・魔法使ひ(堀川アサコ)
堀川さんの重めのファンタジー時代小説が好きなので、この作品はかなりツボだった。戦後昭和、青森の香具師の家の娘たち。チンピラどもに娼婦、復員してきたろくでなしたち。彼ら彼女らの逞しい生き様も悲惨な最期も、「魔法」のような仕業で描かれる。
おまけに顔の綺麗な人と生々しく惨い死体の描写がたくさんあって最高。

・ノッキンオン・ロックドドア(青崎有吾)
2人の探偵が「不可能」と「不可解」を解くミステリ。漫画を読むような語り口と展開、そしてキャラの濃さが楽しい。
氷雨と倒理の探偵コンビ、駄菓子好きクールビューティー警部補穿地さんなど魅力的なキャラクターがちょっといかれた事件を解く。その裏に見え隠れするみんな大好き「クソデカ感情」。
トリックは一緒に解こうとしてまんまと騙されたんで私は探偵向いてない。

・もうヒグラシの声は聞こえない(青谷真未)
青谷さんの青春恋愛ものならいくらでも読める。だだ甘くはない、爽やかでちょっと苦いやつ。
知り合いをつくらない少女「ひぐらし」の抱えている事情が明かされるとともに、主人公の胸の内も少しずつ見えてくる。王道シチュエーションだとは思うけど、それってつまり圧倒的に好きな人が多いって事だから。
映画で観たいような、他人視点は挟みたくないような。

・トロイメライ(村山早紀、げみ)
げみさんの絵と村山さんの文章があまりに美しいけれど、表題作で描かれているのは滅びに向かい死にゆく世界。
ちょうど読んだ頃、北海道が春なのに異様に暑かったので、未来の世界はフィクションと思えなかった。ロボット達は人間みたいに動いてるのに人権ないし。
「春の旅人」に続いてとても綺麗で、だけどずっと切ない作品。

・菓子屋横丁月光荘 浮草の灯(ほしおさなえ)
「活版印刷三日月堂」シリーズともリンクしている本作は、前作より遠野君の人物像も掴みやすくなって、物語にのめり込んでしまった。のめり込みすぎてぼろぼろ泣きました。
大学生の女の子安西さんの置かれた環境や立場は、彼女の視点もお姉さんの視点も持ったことがあるので余計に刺さる。だからこそ、彼女にかけられた言葉がひとつひとつ私にも向けられているように感じてしまって、なんだか救われた気がした。

・さめない街の喫茶店2(はしゃ)
最後まで優しくて温かいお話だった。スズメちゃんが街で少しずつ癒されていくのと一緒に、こちらも穏やかになれる。
そして食べ物がずっと美味しそうだった。

・R先生のおやつ(雲田はるこ、福田里香)
雲田さんの色気と可愛さの絶妙な絵柄で、素敵な老紳士と元気な男子と美味しいおやつを描かれたらもう最高ですよね。おやつレシピも魅力的。

・SPY×FAMILY(遠藤達哉)
1話をSNS公開してた時にときめいたのでコミックスも入手。めちゃめちゃ面白い。正体を隠しながら家族として振る舞ってみせる、秘密だらけのキャラクターが好みどストライク。
アーニャはめんこいねえ。

・鬼滅の刃 アニメ
演出の美しさとプロの芝居にやられた。モノローグの多い原作をああいうふうに表現するとは!
アニメオリジナル部分も良かったなあ、姉蜘蛛とか。

・快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
全話最高でGロッソ第5弾とFLT、Vシネまで楽しんだし関連書籍も買えるだけ買った、間違いなく人生の一部になった作品。
49〜51話の流れ最高。Wレッド大好き。みんな大好き。
2020年2月、リュウソウジャーとのVS映画で帰ってくるよ!おかえり!

・きのう何食べた? ドラマ
原作よりシロさんとケンジの仲良しっぷりがわかりやすかった気がする。幸せいっぱいのドラマだった。年明けのスペシャルも楽しみ。

・MONSTER MATES
戸次さんの舞台。初めて生で見た本郷奏多君はとてもきれいだった。
人間の業と狂気がコメディとシリアスの絶妙な具合で描かれてて非常にときめいた。

・里見八犬伝
現八様(結木君)観たかったのが主な理由で、中野公演に行きました。2公演観ました。
原作は昔漫画で触れられるシリーズでちょっとだけ知っていたけれど、お芝居はまた違うのね。
人間として少しずつ欠けた人たちが、災害の後の世の中を生きようとしたり生かされてしまったりするお話。
動きまくるセットと役者さんの迫力ある殺陣が素晴らしかった。お花さしてる現八はかわいかった。
アフタートークも観られた嬉しい思い出。


小説、漫画、アニメ、ドラマ、舞台と色んなものを楽しめた贅沢な1年でした。
来年も面白いものにたくさん出会えますように。
今は仮面ライダーゼロワンが面白い。リュウソウジャーも好きよ。それと履修したジュウオウジャーがとてもよかった。
特撮ヒーローの沼にいると好きな役者さんもふえますね。
趣味が充実していました。
posted by 外都ユウマ at 11:33| Comment(0) | 作品鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

夏休み

9連休でした。前半里帰りして、後半は巣でだらっとしました。
テオ・ヤンセン展に行ってストランドビーストにときめいたり、買ってきた風で動くロボットを作って遊んだり。(ロボットの名前はよっちです)
戦隊とライダーの映画を見に行ってアクションにときめいたり。
ゲーム三昧したりドラマ三昧したりお昼寝したり。
これでもかってくらい遊んだ連休でした。お仕事にちゃんと戻れるといいんですが。

こんなにしっかり夏休みしたのはいつ以来でしょうかね。10年ぶり?
社会人始めてからもちょくちょく夏休みはしていたんですが、大体は無職期間だったので、こんなに心置き無く遊べるのは珍しいです。
昨年は里帰りしてソフトクリーム食べに行ったりしてましたけど。
もうこんなに長い夏休みはたぶんないだろうなあ。いや、つくろうと思えば作れるな、今のところなら。

本日で、ひとりのお休みがあるのも最後です。
またいつか。
posted by 外都ユウマ at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。